Golangのswitch文がおもしろかったので少しメモ

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 173 follow us in feedly

まえがき

最近週末はGoを少し勉強中の私です。今日はGoの言語仕様をサラーっとひと通り見たり写経したりしていたのですが、Goの『switch』文が他の言語と違って面白い感じだったのでメモしておこうと思います。

私はif文よりswichのほうが好きです。ケースバイケースだと思いますが、少しでもswichで書く意味を感じればswitchを使います←どうでもいいです

よくあるswitch文

	switch 10{
		case 10:
			fmt.Println("じゅう")
		case 20:
			fmt.Println("にじゅう")
		case 30:
			fmt.Println("さんじゅう")
	}

これがよくあるswitch文の書きかたですね。『break』は書かなくても大丈夫です。default句も使えます。

1つのcase句に複数の値を持たせるswitch

	switch 10{
		case 10, 20:
			fmt.Println("じゅうかにじゅう")
		case 30:
			fmt.Println("さんじゅう")
	}

こんな漢字の書き方もできます。いいですね〜。

case句に式を記述するswitch

	param := 30
	switch true{
		case param < 20:
			fmt.Println("未成年")
		case param >= 20:
			fmt.Println("成年")
	}

これすごくいい感じがします。同じようなことを他の言語で実装してコンパイラに怒られた経験、ありませんか?

おすすめ書籍

関連記事

peco-go-1peco-go-1.gif

MacでGoをインストールしてpecoいれてzshのhistoryをいい感じにする

まえがき 今回はMacにGoをインストールして、『peco』というGo...

記事を読む

Golangに入門してみた。

まえがき Golangにちょっとだけ足を突っ込んでみたので今日やってみ...

記事を読む

新着記事

no image

PHPでRubyのirbっぽいインタラクティブなスクリプトが実行できる「boris」

まえがき PHPでもRubyのirbみたいなことがしたくて探してみたと...

記事を読む

2015年の抱負と去年の振り返り〜よちよちWEB業界1年経験して〜

まえがき あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いし...

記事を読む

Java SE 7 Bronze試験(1Z0-802)を受けてきました

まえがき 以前から少し受けてみたかった試験『Java SE 7 Bro...

記事を読む

HubotでJenkinsのジョブを実行する

まえがき HubotをつかってJenkinsのジョブをじっこうしてみた...

記事を読む

no image

Hubotをforeverでデーモン化する

まえがき 今回はHubotをforeverを使ってデーモン化してみた時...

記事を読む

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑