ZabbixサーバをインストールしてNginx・php-fpmで動かしてみた

2014/04/24 | Linux ,

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 162 follow us in feedly

まえがき

社会に出てからなかなかブログを書く時間と気力がなく最近あまりブログを更新出来ていない私です。

今回はサーバー監視ツールのZabbixをインストールして実際にWEBで開けるようにするところまでをやってみます。

本当はエージェントを登録して監視出来る状態まで持って行きたかったのですが、Nginxで動かすためにちょいと時間をかけすぎてしまったんので今回はサーバのインストールまでで終わりです。

開発環境

  • CentOS 6.5
  • Zabbix Server 2.2.3
  • Nginx 1.4.6
  • PHP 5.5
  • MYSQL 5.5

Nginx PHP MYSQLに関してはインストール済だったので省略。

仕様

『http://zabbix.—–.jp』みたいなかんじでZabbixのトップページがみれるようにする。Nginxで動かすので別途php-fpmを使う。

Zabbixのインストール

rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.
rpm
yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
yum -y install zabbix-agent
yum -y install zabbix-get

今回はエージェントとしては利用しないが、ついでにインストール

Zabbix用のDB・DBユーザーを作成

以下はMYSQLでの操作

create database zabbix character set utf8;
grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '----';

作成したDBにSQLを流し込む

zabbixが用意してくれているSQLを流し込みます

 mysql -u zabbix -ppassword zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.3/create/schema.sql
 mysql -u zabbix -ppassword zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.3/create/images.sql
 mysql -u zabbix -ppassword zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.3/create/data.sql

Zabbixサーバーの設定ファイルを編集

“/etc/zabbix/zabbix_server.conf”に

DBPassword=設定したDBのパスワード

の1行を追加する。

Nginxのコンフィグ作成

“/etc/nginx/conf.d/zabbix.conf”ファイルを作成してそのなかにちょろちょろ書いてく

server {
    listen 80;
    server_name zabbix.--------.jp;
    index index.php;
    access_log /var/log/nginx/zabbix/access_log main;
    error_log  /var/log/nginx/zabbix/error_log  error;

    location / {
        root /usr/share/zabbix;
        index index.php index.html;
    }

    location ~ \.php$ {
        root /usr/share/zabbix;
        fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index index.php;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        include fastcgi_params;
    }
}

ログファイルを吐き出すフォルダは手動でmkdirコマンドを打って用意しました。

php-fpmのインストール

yum install php-fpm

php.iniの設定追加

date.timezone = Asia/Tokyo
post_max_size = 32M
max_execution_time = 300
max_input_time = 300

を追加。

起動と自動起動設定

ほいで最後に起動・再起動

service zabbix-server start
service nginx start
service php-fpm start

chkconfig zabbix-servers on
chkconfig php-fpm on

っで最後に『http://zabbix.—–.jp』にアクセスできればOK!

zabbix-server-install-1

おすすめ書籍

Zabbix統合監視徹底活用 ~複雑化・大規模化するインフラの一元管理 (Software Design plus)
TIS株式会社 池田 大輔
技術評論社
売り上げランキング: 8,617

2014/04/24 | Linux ,

関連記事

MacにHomebrewでNginxをインストールする

まえがき MacOSにNginxをインストールした時のメモ。 Home...

記事を読む

Gitlabでプッシュできない!Nginxのファイルアップロード容量が原因だった!

まえがき 今日GitLabのリモートリポジトリにpushしようとしたら...

記事を読む

新着記事

no image

PHPでRubyのirbっぽいインタラクティブなスクリプトが実行できる「boris」

まえがき PHPでもRubyのirbみたいなことがしたくて探してみたと...

記事を読む

2015年の抱負と去年の振り返り〜よちよちWEB業界1年経験して〜

まえがき あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いし...

記事を読む

Java SE 7 Bronze試験(1Z0-802)を受けてきました

まえがき 以前から少し受けてみたかった試験『Java SE 7 Bro...

記事を読む

HubotでJenkinsのジョブを実行する

まえがき HubotをつかってJenkinsのジョブをじっこうしてみた...

記事を読む

no image

Hubotをforeverでデーモン化する

まえがき 今回はHubotをforeverを使ってデーモン化してみた時...

記事を読む

スポンサーリンク

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑